FC2ブログ
パリ~ルーヴル、シテ島
2011 / 11 / 15 ( Tue )
パリ観光の定番ルーヴル美術館

DSCF1367_convert_20111115105334.jpg

朝一番で行ったのですが、すでに行列が。
でもミュージアムパスを持っていたからか、意外に早く入場できました。
ルーヴル、とーーーっても広いです!
案内図を見ても迷子になりそう。
作品の数も膨大なので、観たいものをちゃんとチェックして効率よく回らないと大変だと思います。
時間もかかるし体力も消耗してしまいますからね。

BLOG1630_convert_20111115111229.jpg


午前中をルーヴル美術館で過ごし、「カフェ・マルリー」でルーヴルを眺めながらランチ

BLOG1631_convert_20111115111244.jpg



その後、シテ島へ行き、サント・シャペルとノートルダム大聖堂へ。

サント・シャペル

見事なステンドグラスを前にぽかーんと口が開いたまま、見惚れてしまいました。
床と天井以外ステンドグラスで埋め尽くされ、美しすぎます
もう一度訪れたい場所のひとつ。
時間帯や季節によって光の入り方が違いますので、輝きもまた違うのだろうな~と思います。


ノートルダム大聖堂

こちらも美しい。
ゴシック様式で、聖堂内は高い天井、バラ窓を含むステンドグラスから光が差しています。
祭壇はうっすら光に浮かび上がり、幻想的な空間。
外観も3つの門や窓のアーチなど優雅な曲線で美しく、何時間でも見ていられますよー。って私だけ?!
ヨーロッパ中世の建築様式といえば、ゴシックとロマネスク。
前回、紹介したサン・ジェルマン・デ・プレ教会はロマネスク様式です。
違いや特徴がわかれば、建物を見ただけでこれはいつ頃できて・・・とか、その時代の社会背景など感じられたり・・・面白いのでしょうね。
もう少し、お勉強して行けば良かったかな。

で、サント・シャペルとノートルダム大聖堂の写真なのですが。。。ありません。
ルーヴルでパシャパシャ撮り、デジカメのシャッターを開けたままにしていたら、デジカメの電池がなくなったのです~。
これ、沖縄の時もやってしまったの。。。反省
Hさんから写真をもらったら、また載せたいと思います。

スポンサーサイト



10 : 52 : 17 | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<パリ~オランジェリー、エッフェル | ホーム | パリ~モンマルトルと教会巡り>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://2010esperanza.blog24.fc2.com/tb.php/95-f4225123
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |